家賃が払えない

家賃が払えないなら無利息サービスを賢く利用する

ヤッバ・・・今月の家賃がマジで払えないんだけど・・・

 

 

家賃が払えない時に使えるのがカードローン。これで助けられている人は多いはず。

 

しかし、キャッシングやカードローンで借入れをした時、何より気になるのは利息です。
利息が大きくなれば返済の負担も大きくなり、完済するまでの期間も長くなっていきます。

 

利息を抑えるために大切なのはなるべく早く支払いを終わらせること。
そして、そのために役立つのが無利息期間です。

 

無利息期間はその名の通り一定期間、利息を発生させなくしてくれるサービスです。

 

今は多くの会社で提供される様になったサービスですが、ほとんどの場合で初回の借入れ時と言う条件で30日間の無利息期間が適用されます。

 

これは簡単に言えば「始めてキャッシングなどを利用した方に対して借入れ最初の1ヶ月間(30日間)は利息をいただきません。」と言うものです。

 

つまり、借り入れしてから30日間以内に返済を終えてしまえば利息は全く払わなくて済むことになります。これはどんな低金利の会社で借りるよりもお得なのは間違いありません。

 

一般的な上限金利18%で30日間、10万円を借りた場合で1500円ほど利息が発生するのですが無利息期間内に返済を終えればそれだけ特が出来ます。逆に言えば、返済が長引くほどメリットが薄まっていくと言えるかも知れません。

 

もちろん、長引いたとしても無利息期間が無い同程度の金利の会社よりもお得なのは間違いありませんが。

 

無利息期間を提供している会社の中にはちょっと面白いサービスを行っている会社もあります。

 

新生銀行カードローン レイク

まずはレイク。通常の30日間の無利息期間の他にも180日間と超長期の無利息期間もあり、どちらか好きな方が選べます。180日間の方に対しては借り入れたお金の中の5万円に対してという制限が付くのですが、10万円借りてもその内の5万円は半年間ほど無利息になります。

 

ですので、10万円借りたとすれば半年間は金利が半分になったとも言えます。
使い方次第ではありますが、とてもメリットが大きいサービスです。

 

ノーローン

そしてノーローンも使い方次第では最もお得といえる無利息期間があります。
7日間の短期ではありますが、初回と返済を終えた翌月に使えるのがポイントです。

 

一番得するパターンとしては、月末の給料日の少し前(7日間以内)に少額の借入れを行い無利息期間中に返済を終わらせてしまう。そうすれば月が変わればまた無利息期間が使えます。7日間以内であっても、月をまたいでしまうとその翌月まで無利息期間が使えませんので注意が必要です。

 

 

本当にお得な無利息期間。
自分の利用方法と照らし合わせて、お得な会社を見つけてください。

返済に困った場合はどうすれば良い?

カードローンやキャッシングは、上手に利用すれば生活を豊かにしてくれますし、急にお金が必要になった時などには大きな助けにもなってくれます。しかし便利だからと使いすぎてしまうと、月々の返済に困り返済ができなくなってしまうということも考えられます。

 

もし返済に困った場合どのように対処すれば良いかですが、これは返済に困っているのが1回だけなのか毎月のように困っているのかで対処法も変わってきます。

 

今月だけ返済が遅れてしまいそうだと言うような単発的な返済遅延の場合には、一旦借りている業者へ連絡を入れ相談したほうが良いでしょう。1回くらいなら連絡しなくてもいいかといった様な適当な対応をしてしまうと、信用情報機関にその延滞は記録されますからいつの間にかブラックリスト入りになっていたと言うこともあります。

 

業者へ連絡を入れれば、業者によっては多少の猶予を与えてくれることもありますし、いついつまでに支払いをお願いしますというように返済期日を延ばしてくれることもあるようです。

 

もちろん延滞しているので延滞金が加算されてしまいますからその点は了承したうえで期日までに返済を行いましょう。

 

毎月のように返済が滞ってしまう場合、この場合にはおそらくブラックリストに掲載されている可能性が高いはずです。毎月延滞すると言うことは、もはや返済するだけの余裕が無いということですから、速やかに弁護士や司法書士に相談したほうが良いでしょう。

 

弁護士に相談した場合、ほとんどの場合が債務整理を勧めてきますから、しっかり相談してどの債務整理を行うか決めたほうが良いでしょう。

 

最もやってはいけないことが、自分一人で解決しようとすることです。

 

一人で解決しようとすると、滞ったお金を返すために新たにカードローンを申し込んだり、最悪の場合には闇金に手を出してしまうという状況に陥る可能性があります。多重債務になった人や闇金に手を出した人のほとんどが、自分一人で解決しようとした結果です。

 

家族に迷惑をかけたくないつもりが、結果的に迷惑をかけてしまうことになりますから、一人で解決しようとせず、弁護士などに相談するのがベストな方法でしょう。

キャッシングのブラックリストって本当にある?

消費者金融でお金を借りる際に、良く耳にするのがブラックリストという言葉ではないでしょうか。そもそもブラックリストとは何なのか分からない人も多いのではないかと思います。

 

消費者金融などを利用する場合、借りたお金の額や返済などの情報は、信用情報機関と呼ばれる場所に記録が残ることになっています。初めて消費者金融などを利用する場合には、まだ信用情報機関に情報が無い状態ですから、特に問題がない人であれば審査が早く通過できるわけです。

 

しかし以前に消費者金融を利用していた場合、信用情報機関にはその情報が残っているため、金融業者は審査の段階でその情報を元に審査を行います。

 

もし以前に延滞を繰り返していたり、滞納が長く続いていたりした場合には、要注意人物という情報が信用情報機関のデータとして残っていることになります。この状態のことを通称ブラックリストと呼んでいるわけです。

 

ブラックリストになるのは延滞などの支払い義務を怠った場合だけではなく、債務整理を行った場合にもブラックリストとして情報が残ってしまいます。

 

ブラックリストになってしまうと最低でも5年間の新規ローンは利用することが出来なくなります。自己破産の場合には最長で10年ローンの利用が出来ない場合もありますから、いかにブラックリストになってしまうと不自由を強いられるかが分かるのではないでしょうか。

 

5年経過したらブラックリストから外れるのかといえば、抱えていた債務を全額返済していた場合にはブラックリストから除外されますが、もしも債務の返済が残っていた場合には、5年を超えてもブラックリストから外れない可能性が非常に高いです。

 

ですからお金を借りた時には遅延や延滞をしないように計画的に返済を行う必要があると言えるでしょう。一度ブラックリストになってしまうと、幾らその後に迅速に返済を行ったとしてもすぐにリストから外れると言うことはありません。社会的信用が無くなった状態、それがブラックリストに載ったと言うことなのです。

キャッシング審査に落ちる人のパターン

消費者金融会社からお金を借りる方法は申込書に必要事項を記入して本人確認書や収入証明書などを揃えて申し込みを行い、会社側の審査を受けて通る必要があります。

 

会社側が審査を行う手順は申込書の内容を確認してから決める方法が一般的で、信用情報機関への照会をしてから勤務先への在籍確認を行います。

 

会社側が審査を行う目的は申込者が正しくお金を返す能力があるかを確認することで、申込書の内容が正確であるかを確認するためです。審査に通るには過去に滞納をしていないことや総量規制の金額を超えていないことが条件で、申込をする前に内容を確認してから判断する必要があります。

 

キャッシング審査に落ちる原因は総量規制の金額がオーバーしていることや申込書に虚偽の情報が記入されていたことが該当することが多く、自分自身の置かれている状況を正しく把握していないケースが多いです。

 

信用情報は信用情報機関に記録されていることが特徴で、審査に通るために虚偽の情報を記入しても判明するために事実を確認してから正しい情報を記入する必要があります。

 

お金を借りることは会社側から信用される必要があり、申込書に正しい情報を記入することが大事です。消費者金融会社のキャッシングはアルバイトでも定期的な収入があれば利用でき、自動契約機やインターネットを使って申し込むと審査にかかる時間を短くできます。

 

審査に落ちる理由は人それぞれですが、他社からの借入をしている場合に正しい金額を把握していないことや過去に滞納などがあるケースが多いです。お金に関する考え方が甘い人は気軽にお金を借りれると錯覚していることが多く、審査に落ちやすいことが特徴です。

 

キャッシング審査に落ちる人のパターンはお金に対して責任がないことが多く、気軽にお金を借りて使おうという考えをする傾向が強いです。お金を借りるために必要なこととは責任を持って目的を考えることが重要で、必要以上にお金を使わないように心がける必要があります。

審査に通らないケース色々

カードローンやキャッシングを利用する場合、必ず審査を通過する必要があります。

 

審査を通過できない場合、もちろんカードの利用は出来ませんから審査に通らないと言うことは非常に大きな問題だと言えます。カードローンに申し込んだのに審査を通らないと言うケースは色々とありますが、最も多いのがすでに複数の金融業者から借り入れがある場合です。

 

この場合、複数からの借入金が年収の三分の一近くになっており、新たに申し込んだ業者との合計金額が総量規制に引っ掛かってしまう可能性があります。そうなってしまうと審査を通過できず新たなカードローンの利用が出来ないと言うことになります。

 

次に多いのがクレジットカードを複数枚持っている場合です。最近のクレジットカードにはキャッシング枠と呼ばれる現金を引き出すことが出来る機能が付いている場合があります。

 

クレジットカードを使ったローンは問題ないのですが、キャッシング枠は総量規制の対象となるため、キャッシング枠の合計が総量規制を超えてしまう場合には、カードローンの契約が出来ない場合があります。

 

クレジットカードのキャッシングを全く利用しない場合でも、持っているだけでキャッシングの枠は総量規制の対象になりますから、注意が必要です。

 

以前にキャッシングなどの遅延などがあった場合にも、審査に通らない可能性が出てきます。これは遅延や延滞したことが信用情報機関と呼ばれるところに記録されているため、新たなカードローンやキャッシングを申し込んだ時に業者が情報を調べるためです。1度でも信用情報機関でブラック扱いになっていた場合には、5年間は新たなローンが利用できないため、審査を通らずカードローンが利用出来ないという事態になることがあります。

 

初めて消費者金融を利用する人でも、クレジットカードのような例もありますから、自分が持っているカードのキャッシング枠の金額などを調べておく必要があるのではないでしょうか。