返済に困った場合はどうすれば良い?

返済に困った場合はどうすれば良い?

カードローンやキャッシングは、上手に利用すれば生活を豊かにしてくれますし、急にお金が必要になった時などには大きな助けにもなってくれます。しかし便利だからと使いすぎてしまうと、月々の返済に困り返済ができなくなってしまうということも考えられます。

 

もし返済に困った場合どのように対処すれば良いかですが、これは返済に困っているのが1回だけなのか毎月のように困っているのかで対処法も変わってきます。

 

今月だけ返済が遅れてしまいそうだと言うような単発的な返済遅延の場合には、一旦借りている業者へ連絡を入れ相談したほうが良いでしょう。1回くらいなら連絡しなくてもいいかといった様な適当な対応をしてしまうと、信用情報機関にその延滞は記録されますからいつの間にかブラックリスト入りになっていたと言うこともあります。

 

業者へ連絡を入れれば、業者によっては多少の猶予を与えてくれることもありますし、いついつまでに支払いをお願いしますというように返済期日を延ばしてくれることもあるようです。

 

もちろん延滞しているので延滞金が加算されてしまいますからその点は了承したうえで期日までに返済を行いましょう。

 

毎月のように返済が滞ってしまう場合、この場合にはおそらくブラックリストに掲載されている可能性が高いはずです。毎月延滞すると言うことは、もはや返済するだけの余裕が無いということですから、速やかに弁護士や司法書士に相談したほうが良いでしょう。

 

弁護士に相談した場合、ほとんどの場合が債務整理を勧めてきますから、しっかり相談してどの債務整理を行うか決めたほうが良いでしょう。

 

最もやってはいけないことが、自分一人で解決しようとすることです。

 

一人で解決しようとすると、滞ったお金を返すために新たにカードローンを申し込んだり、最悪の場合には闇金に手を出してしまうという状況に陥る可能性があります。多重債務になった人や闇金に手を出した人のほとんどが、自分一人で解決しようとした結果です。

 

家族に迷惑をかけたくないつもりが、結果的に迷惑をかけてしまうことになりますから、一人で解決しようとせず、弁護士などに相談するのがベストな方法でしょう。