キャッシングのブラックリストって本当にある?

キャッシングのブラックリストって本当にある?

消費者金融でお金を借りる際に、良く耳にするのがブラックリストという言葉ではないでしょうか。そもそもブラックリストとは何なのか分からない人も多いのではないかと思います。

 

消費者金融などを利用する場合、借りたお金の額や返済などの情報は、信用情報機関と呼ばれる場所に記録が残ることになっています。初めて消費者金融などを利用する場合には、まだ信用情報機関に情報が無い状態ですから、特に問題がない人であれば審査が早く通過できるわけです。

 

しかし以前に消費者金融を利用していた場合、信用情報機関にはその情報が残っているため、金融業者は審査の段階でその情報を元に審査を行います。

 

もし以前に延滞を繰り返していたり、滞納が長く続いていたりした場合には、要注意人物という情報が信用情報機関のデータとして残っていることになります。この状態のことを通称ブラックリストと呼んでいるわけです。

 

ブラックリストになるのは延滞などの支払い義務を怠った場合だけではなく、債務整理を行った場合にもブラックリストとして情報が残ってしまいます。

 

ブラックリストになってしまうと最低でも5年間の新規ローンは利用することが出来なくなります。自己破産の場合には最長で10年ローンの利用が出来ない場合もありますから、いかにブラックリストになってしまうと不自由を強いられるかが分かるのではないでしょうか。

 

5年経過したらブラックリストから外れるのかといえば、抱えていた債務を全額返済していた場合にはブラックリストから除外されますが、もしも債務の返済が残っていた場合には、5年を超えてもブラックリストから外れない可能性が非常に高いです。

 

ですからお金を借りた時には遅延や延滞をしないように計画的に返済を行う必要があると言えるでしょう。一度ブラックリストになってしまうと、幾らその後に迅速に返済を行ったとしてもすぐにリストから外れると言うことはありません。社会的信用が無くなった状態、それがブラックリストに載ったと言うことなのです。