審査に通らないケース色々

審査に通らないケース色々

カードローンやキャッシングを利用する場合、必ず審査を通過する必要があります。

 

審査を通過できない場合、もちろんカードの利用は出来ませんから審査に通らないと言うことは非常に大きな問題だと言えます。カードローンに申し込んだのに審査を通らないと言うケースは色々とありますが、最も多いのがすでに複数の金融業者から借り入れがある場合です。

 

この場合、複数からの借入金が年収の三分の一近くになっており、新たに申し込んだ業者との合計金額が総量規制に引っ掛かってしまう可能性があります。そうなってしまうと審査を通過できず新たなカードローンの利用が出来ないと言うことになります。

 

次に多いのがクレジットカードを複数枚持っている場合です。最近のクレジットカードにはキャッシング枠と呼ばれる現金を引き出すことが出来る機能が付いている場合があります。

 

クレジットカードを使ったローンは問題ないのですが、キャッシング枠は総量規制の対象となるため、キャッシング枠の合計が総量規制を超えてしまう場合には、カードローンの契約が出来ない場合があります。

 

クレジットカードのキャッシングを全く利用しない場合でも、持っているだけでキャッシングの枠は総量規制の対象になりますから、注意が必要です。

 

以前にキャッシングなどの遅延などがあった場合にも、審査に通らない可能性が出てきます。これは遅延や延滞したことが信用情報機関と呼ばれるところに記録されているため、新たなカードローンやキャッシングを申し込んだ時に業者が情報を調べるためです。1度でも信用情報機関でブラック扱いになっていた場合には、5年間は新たなローンが利用できないため、審査を通らずカードローンが利用出来ないという事態になることがあります。

 

初めて消費者金融を利用する人でも、クレジットカードのような例もありますから、自分が持っているカードのキャッシング枠の金額などを調べておく必要があるのではないでしょうか。